あずまきよひこ『よつばと!』12巻

 12巻には第77話から第82話までが収録されている。しかし、12巻という「本」は第77話から始まってはいない。第77話の中扉は13頁にあるが、その手前から『よつばと!』は始まっている。まず読者の目に入るのは、よつばが住んでいる町にそびえ立つ鉄塔と送電線。そして、上空から見下ろした形で、家の前でしゃがみこみ道路にチョークで絵を描いているよつばの後ろ姿が見える。前巻で息を吹き返したジェラルミンが門の前にちょこんと座っている。頁をめくると、「こう」「こうこう」という声。よつばはしゃがんだ姿勢のまま後ろを振り返るが、そこには「誰もいない」。昼間の住宅街には珍しいことではないが、道路には全く人気が無い。道路に「誰もいない」ことを示す2頁中段のコマの次に来る下段右のコマで、よつばの視線は「こちら」を向いている。読者はよつばと目を合わせる格好になる。しかし、「よつばの世界」の中で、よつばは誰とも目を合わせていない。読者のいる場所には「誰もいない」。

 「こうこう」と啼くのは空を群れて渡る鳥だった。地上から見上げた鳥の群れ、その姿に目を奪われるよつばの姿が入れ替わり立ち替わり、ダイナミックな空間が切り開かれ、空と地上を見開きでつなぎ合わせ、そこに「よつばと!12」のタイトルと著者の名前が登場する。鳥の群れを追いかけて走り出すよつば。そのよつばを鳥の尾から見下ろすようにしてコマを映すカメラはだんだんと遠ざかる。11頁の中段、そして12頁で、鳥に向かって手を振るよつばと読者は再び目を合わせる。「よつばの世界」の中で、よつばに見えるのは鳥の後ろ姿だ。もちろん、そこには目はついていない。読者は「存在しない目」を通してよつばを見下ろす。

 読者が「存在しない目」を通して作中世界を見ることは漫画に限らず映像作品一般においては珍しいことではない。もちろん一定の空間を実際に占め、物理法則に逆らうことのできない実写作品ではそうした視点の取り方にある程度の制限が生じるが、漫画やアニメは比較的自由に視点をとることができる(この自由度が逆に漫画やアニメにおけるリアリティ形成を難しいものにしてもいる)。ふつう読者は「存在しない目」を意識せずに映像作品を見る。もっと正確に言えば、「諸々の映像作品を自然に見る/読むことのできる技術」とは、「存在しない目」に自分の視点を重ね合わせても違和感を感じない技術のことである。漫画についてもそれは当てはまる。
Read more »

Tag: あずまきよひこ, よつばと!, 作品感想, 漫画

椿いづみ『月刊少女野崎くん』第1巻、第2巻

椿いづみ『月刊少女 野崎くん』第1巻、第2巻

 16歳の高校生・佐倉千代が告白した同級生・野崎梅太郎は少女漫画家「夢野咲子」だった。佐倉を自分の漫画のファンだと勘違いした野崎に連れられて彼の自宅に出向き、「ベタ塗り」を手伝わされるところから佐倉の悪戦苦闘が始まる。「最初は背の高さと男らしい性格にひかれて……/告白したんだけど気付いて貰えなくて/でもそのおかげで話す回数は増えたんだけど/便利屋くらいにしか思われてないような」(第1巻14頁)、そんな二人を取り巻く個性あふれる面々。野崎が描く漫画の「ヒロイン」のモデルであり、かつ背景担当(主に花を飛ばす)の御子柴(男)。佐倉の友人で性格は粗暴、無遠慮で、野崎いわく「KY」なのだが「天使の歌声」の持ち主・瀬尾結月。演劇部所属の通称「学園の王子様」鹿島遊と、サボり魔の鹿島を「物理的に」部活へ引っ張り出す演劇部長の堀(背景担当)。野崎の担当編集・宮前剣と前担当の前野、今は前野に担当されている少女漫画家・都ゆかり、そして2巻では野崎の後輩でバスケ部の若松(瀬尾結月に苦しめられて不眠症)が登場する。

 一癖も二癖もある登場人物たちがドタバタ劇を繰り広げるギャグ4コマ漫画は数多くあるが、その中でも本作を魅力的なものにしているのは人物造形の完成度の高さとコマ運びの巧みさである。例えば、第2巻の第13号(34頁~45頁)を見てみよう。
Read more »

Tag: 作品感想, 月刊少女野崎くん, 椿いづみ, 漫画

漫画批評の意義(4)

 漫画批評の意義(3)の続き。
 果たして表現の受容の仕方を「論理的に正当な仕方」で記述することはできるのだろうか。言い換えれば、表現を受容するという経験の構造を客観的に記述することは可能なのだろうか。それが不可能な理由を考えることは比較的たやすい。まず、そうした反論をとりあげ、それらに再反論を加えるところから始めよう。
Read more »

Tag: 漫画, 漫画批評

漫画批評の意義(3)

 本稿は漫画批評の意義(2)の続きである。今回は、「おもしろさ」の判断基準に優劣をつけるのではない仕方で「論理的な正当性を持つ」評価基準が呈示できるのか、という問いから出発し、それが表現受容の仕方を分析するなかで見出されるであろうという見通しをつけるところまでを考察する。
Read more »

Tag: 漫画, 漫画批評

水上悟志『スピリット・サークル』第1巻

水上悟志『スピリット・サークル』 第1巻 少年画報社

 14歳の桶屋風太は真城鉄馬、海島水乃、野々村雅火、高山大樹の四人の友人に囲まれ、現代の日本で平穏に暮らしていた。その日常が、額に大きな傷をつけた転入生・石神鉱子の登場と共に一変する。彼女は風太を見たこともない不思議な輪で殴りつけ、階段から突き落とす。そして、「妙な夢」を見た後に病院のベッドで起きた彼にこう言い放つ。「あんたにはあと/7回死んでもらうわよ」。
Read more »

Tag: 作品感想, 水上悟志, 漫画

漫画批評の意義(2)

 本稿は「漫画批評の意義(1)」の続きである。今回は漫画作品の「おもしろさ」の判断基準に質的な違い、すなわち優劣があるのか、という問いから出発する。この問いを挙げたのは優劣を立証するのが目的ではない(それゆえ、この問いに対する直接の結論は述べていない)。問いの検討を通じて、漫画批評の性格を明らかにしていくのがここでの目的である。
Read more »

Tag: 漫画, 漫画批評

D・キッサン『矢継ぎ早のリリー』

D・キッサン『矢継ぎ早のリリー』(短編集) 一迅社

 4コマ漫画『共鳴せよ!私立轟高校図書委員会』の連載終了後、短編集として刊行されたのが『矢継ぎ早のリリー』である。表題作の他、後の連載作品『千歳ヲチコチ』につながる平安時代を舞台にした「鞠めづるヒトビト」、ファンタジー色の強い「シスター・シスター」が収録されているが、今回注目したいのは「或ル婦人」だ。
Read more »

Tag: D・キッサン, 作品感想, 漫画

こがわみさき『はしっぽ花星』

こがわみさき『はしっぽ花星』 電撃コミックス(アスキー・メディアワークス/角川グループパブリッシング)

 高校受験を控えて気分が暗く沈んでいた葛巻小梅。無事、高校に合格するものの、人生の一大事とあれほど悩み苦しんでいた15歳の日々も「私という人間を形成するたった1/15の出来事」(p.7)として思い出になってしまう。過去の苦しみを矮小化し、それと同様に今目の前に迫る苦しみも「なんでもない日常の一つにすぎない」(p.104)。そう考えることは、憧れていたはずの楽しい高校生活さえも「たいくつ」(p.9)な日常の一コマにしてしまう。それが丹藤若葉との「再会」によって少しずつ変わっていく。

 うじうじと悩み、自分ではどうすることもできない。そうかといって、苦しいことから目を背け、面倒な人間関係に巻き込まれないように厄介な人間からは距離を置く、そんな「要領の良い生き方」もできない。それを選びたくない。頭の中を暗い影が蠢く。そんなときに近づきたい人がいる。助けたい友達がいる。だから、「ええい、ままよ」と走り出す。短編集『魅惑のビーム』から十年以上が経つが、こがわみさきが中高生を描くときのこのモチーフは今作でも変わらない。そして、このモチーフをコミカルに描ききってしまうのが、こがわみさき作品の大きな魅力だ。
Read more »

Tag: こがわみさき, 作品感想, 漫画

漫画批評の意義(1)

 漫画を批評する意義とは何であろうか。まず、ここではある任意の漫画を「おもしろい」と思う読者の個別的な経験と批評の関係から見ていきたい。批評は漫画を「おもしろく」読ませるために必要なものなのだろうか。この素朴な疑問に含まれる曖昧さを取り除き、漫画を批評することの意義を考える上での地ならしを以下で行う。
Read more »

Tag: 漫画, 漫画批評

おしらせ

現在、更新再開に向けてサイトを再構築中です。